アキバで自作PCパーツ買い集めた

アキバのソフマップでPCパーツを買い集めた。

久々のアキバ。歩行者天国だった。

自作するのはおそらく2回目か3回目。前に組んだ時は特にこだわりもなく安いパーツを組み合わせて微妙なマシンを作った記憶がある。

現状、普段使いはMBP 2015年モデルで、OSのバージョンアップもあってかなり型落ちしている。大学院時代は持ち運びが多くかなり重宝したものだが、最近は職場か家でしか作業しない(職場では貸与のMBPを使っている)し個人のマシンはデスクトップの方が何かと都合がいい。そのためにデスクも買ったし。

今組むとなるとOSは必然Windows 10で、実はWindows 7以降使ってないのでそこだけが心配だった。まあそのうち慣れるだろう。

OSインストールメディアはOEM版と言うのがあって、おそらくメーカーに卸してるやつっぽいんだけど、ソフマップとかツクモみたいなPCパーツを扱ってるお店だとこれが買える。パッケージが簡素なことを除けば市販のものと変わらないので、自作する時はこれがおすすめ(というか何も言わなくても店員さんがOEM出してくると思う)。

パーツのラインナップ載せたかったけど、まだ実物は届いてないし数が多くて面倒なので組み上げるときに書くことにする。


二次記憶がSSD 500GBとHDD 4TBで合計4.5TBもある。正直こんなにいらんやろ、とは思った。でも2TBのHDDと2000円しか違わなくて1000Yen/TBという計算をしたら「これはいっとくしかない」と最終的にノリで決断。

2TB 6380円に対して4TB 8730円


4Kディスプレイも欲しかったけど、値が張りまくって今回は諦めた。店頭にあったPHILIPSの31.5inchモデルは6万円近かった。

最後に組んだ時はCore 2 Duoとかが全盛の太古の昔なので、最新のソケットとかチップセットとか全然わからず、店員さんを長い時間拘束してしまったが、ひとつひとつ丁寧に説明してもらってなんとか今日1日で選び切った。長時間付き合ってくれた店員さんに感謝。

さて、このデスクトップで何をするかというと、プログラミングはもちろんのこと今までノートで苦労していた趣味の3Dモデリング、それからこれから業務で必要になりそうなML(機械学習)の勉強をやっていきたい。久々にWindowsプログラミングもやりたい。XNAとか使ってゲーム作成していた記憶がかすかに残ってるが今はどうなっていることやら(XNAは2014年に終了したらしい。かなC)

来週土曜に届く手はずなので、来たらバリバリ活用していくぞ。またそのうち使用感を書く。


その他手元に残っている画像

マザボ。ここにインテルi7が挿さる。無線つき。

電源650W。よいグラボにしたがこれくらいで十分とのこと。

そのよいグラボ。

メモリ8GB x 2。特化セール今日までだった。駆け込み。

SSD WesternDigital 500GB 17500円也


コメント

このブログの人気の投稿

日記作った

ニトリで頼んだ家具が届いた